今年は3羽のツバメのひなが巣立ちました。 この写真は巣立つ前日に撮影したものです。 もう親鳥と同じくらい立派な大きさになっています。 1羽が飛び立ちました。 すると、もう1羽も…。 でも、最後に残った1羽は、なかなか勇気がでないようです。(涙) 時折 ...

   当院では、抜歯や外科処置を行うにあたり感染予防、術後の痛み腫れを極力無くすという観念から、器具の確保、消毒、他のアポイントの患者さんを入れないなどの対策をしています。    具体的には、外科処置に使用する器具を前もってその患者さんの為に確保し、前日の ...

 以前、『たむら』が担当していた【ツバメ】の2018年度版最新ニュースです。 堤歯科の近くで、なんとも微笑ましく、可愛らしい、ツバメの雛が日に日に育って、いまにも旅立ちしそうな光景を目にすることができました。 親鳥は気が気ではない様子で、餌を運びながらも子供 ...

   今回は、インプラント手術の術中や術後の注意点も含め、説明したいと思います。   腫れない・痛まないようにする為には、いかに早く、的確に手術を終わらせるかが重要だと考えています。傷口の骨面が、露出し空気に触れている時間が長ければ長い程、感染のリスクが高 ...

 2014.05.19.にスタートしたオフィス ブログ【堤歯科のスマイル良い歯】も、はや400回を数えることになりました。 1983.03.01.に開業以来30有余年、患者さんには、歯にかかわる健康意識を向上していただこうと、可能な限りの詳しい説明をしつつ日々臨床を重ねてまいりまし ...

   前回に引き続き腫れない・痛まないインプラント治療について説明していこうと思います。   ❷準備不足   準備不足とは、術前の診査・診断が不十分であったり、器具の消毒・滅菌がしっかりと行われていないということです。   診査・診断が不十分ですと、解剖学的 ...

   インプラントの説明をすると、当院以外で治療を受けた患者さんから、痛みや腫れが酷かったと聞いて、極度に怖がってしまう患者さんがいます。   ではなぜインプラント治療にあたり、痛みや腫れが出てしまうのでしょうか?   その原因を1つ1つ無くしていけば、痛み ...

   過去3回、日中のブラキシズムについてこのブログに書きましたが、今回はそのまとめをしていこうと思います。   皆さん、ブラキシズム(歯ぎしり)は就寝中にしか起きてないと思っていませんか?   実は、日中(覚醒時)にも起こっていると言われています。   日中 ...

   私『ポケット検査をご存知ですか?』 患者さん『あのチクチクする痛いやつ!?』 私『何のためにするかはご存知ですか?』 患者さん『歯周病ですよね・・・?』 私『何ミリくらいあると言われましたか?』 患者さん『深い所があると聞いたけど、数字までははっき ...

   夜間のブラキシズム(歯ぎしり)に関しては、だいぶ理解が得られてきた感じがありますが、日中のブラキシズムは、あまり理解が得られていないのが現状です。   本来上下の歯は、接触することなく2〜3ミリの隙間があることが普通です。これを安静空隙といいます。 上下 ...

↑このページのトップヘ