2022.05.17.に掲載した『474.定期健診で来院したある患者さんの一症例』の続報です。 今回の定期健診で患者さんが気にしている二つの点、即ち歯の部分的破折及び歯肉退縮はともにブラキシズム*が原因です。以下に参考となる論文の要約を載せますと、  過剰な咬合力によ ...

 1983年3月1日に開業してから、本日41年目に入りました。 いい歳をして!と思われましょうが、まだまだ歯科医療に関する興味は尽きることがなく、もっとこうすればどうなんだろうとか、改善、工夫の余地はないものかと、少しでも進歩したい、良いことは身につけたいと、24 ...

 これを巷ではインレー ブリッジ?と言うらしいですが・・・ そもそもこのような代物は大学でも学ばないし、健康保険でも治療法としてない筈です。 ところが患者さんのお口の中に何故かよく見掛ける訳です。 ある患者さんが最近、これが脱離して来院されました。 患者さ ...

 患者さんは、60歳、男性、食べ物を噛めるようにして欲しいという主訴で来院。事情があって20年来歯科治療をうけておらず、約5年前に脳梗塞を患い、利き手の右に不自由さがありました。(大) ...

    以上は術前の、以後は術後の写真です。患者さんは、前歯の審美性の欠如を主訴としていました。 具体的には、歯と歯の間に隙間があり切端咬合気味になっていることでした。 診査してみると、前歯部における上下顎歯槽骨の関係が逆被蓋の傾向がある上、舌癖が問題と ...

 根だけになってしまった歯の治療はどうするのでしょうか? 歯根に対し単に釘を差し込むような形で差し歯や芯棒(コア、core)を作製することには賛成しかねます。 どうすればいいのかというと、作製するコアの形態を歯根全体を包み込むように、且つそのコア上にクラウン ...

 患者さんは、『前歯が伸びてきた』と訴えている、44歳、女性、会社員です。 これまでの治療は、進行した歯周病であるのにもかかわらず【歯石除去】と称し、ただ表面の汚れを取る処置だったとのこと、その結果として歯が移動してきた訳です。 その【歯石除去】で患者さん ...

 これは当院に通っている何人かの患者さんの、実際に発せられた生の言葉です。 近年、歯軋りおよびその仲間(総称してブラキシズム**という。)による歯科疾患が、虫歯や歯周病と並んで増加しており、今や歯科の三大疾患と言ってもいいぐらいの状況になってきていると思 ...

 巣立ったはずの元の巣になぜか立派に成長したツバメが戻ってきました。 外が激しい雨だからでしょうか? それとも懐かしいからかな!?(大)  ...

↑このページのトップヘ