20年くらい前でしょうか?・・・ハイブリッド セラミクスなる修復材料が流行したことがあります。92%のセラミックの粉末を主成分とし、残りは合成樹脂で構成されていて、そこそこの色調整が可能な、新しい審美材料という触れ込みで持て囃されたものでした。 人気の理由は ...

   今回は、患者さんからの質問があったインプラントとCT・MRI・エコーなどの画像診査時の影響についてお話ししようと思います。   先ずCT撮影における影響ですが、CTでは金属部分が白く写ってきます。それによりインプラント自体には影響はありませんが、インプラント周 ...

 『半年前から右上奥歯が浮いた感じがする。』という主訴で来院された患者さん。口腔内所見の特筆すべき点として、噛み合せが Scissors bite(鋏状咬合)であることが挙げられます。 エックス線検査をすると歯周病があり、長年にわたり部分的な治療に終始していて、虫歯の ...

   今回は、歯科治療時における顎骨壊死についてお話ししようと思います。   骨粗鬆症薬を服用されている方で、ごく稀に外科処置後に顎骨壊死の副作用が出る事があります。確率的には非常に少ないですが、0%ではありません。万が一発症すると、外科処置後の治癒が悪く、 ...

   今回は、骨粗鬆症の治療と歯科治療についてお話ししようと思います。   骨粗鬆症薬を継続して3年以上使用している方や、注射による投薬を受けている方のごく一部に、外科処置時における顎骨壊死の症状が出る事があります。飲み薬で約0.3%とその頻度は稀ですが絶対ない ...

 こんにちは、受付の田村です。今日は久しぶりにサボテンについてです(・ω・) 毎日暑いですね。植物にとっては、良い天気なのかもと思っていたのですが・・・。 ところどころ葉っぱが割れてしまったり、落ちてしまったり・・・。・゚・(ノД`;)・゚・焦って調べてみたところ、特に ...

   今回は、骨粗鬆症と歯科治療についてお話ししようと思います。   先ず骨粗鬆症とは何か?ご存知の方も多いと思いますが、骨粗鬆症とは骨密度の低下、または骨質の劣化により、骨強度が低下し骨折しやすい状態の事をいいます。   とある患者さんからの質問で、骨粗鬆 ...

   今回は、抜歯時におけるテクニックについてお話ししようと思います。   抜歯時における外科的侵襲を極力少なくする事が、術後の痛みや腫れを少なくする事につながります。その為に、事前の準備、シュミレーションを行なって処置に臨みます。   処置が始まってみると ...

 患者さんはほとんどの場合、見た目の問題を主訴として矯正治療を希望することが多く、それはそれで当然と言えば当然のことなのですが・・・ 具体的には、①上顎前突(いわゆる出っ歯。)/   ②下顎前突(受け口。)/   ③両顎前突(上下両方が前に出ている様子。)/ ...

   前回に引き続きブラッシングについてお話ししようと思います。   何故ブラッシングをしなければならないのか?と、直接聞いてくる患者さんはいませんが、何故だろうと心の中で思っている方はいると思います。   虫歯や歯周病の原因は、磨き残したプラークに起因する ...

↑このページのトップヘ