今回は、抜歯時におけるテクニックについてお話ししようと思います。   抜歯時における外科的侵襲を極力少なくする事が、術後の痛みや腫れを少なくする事につながります。その為に、事前の準備、シュミレーションを行なって処置に臨みます。   処置が始まってみると ...

 患者さんはほとんどの場合、見た目の問題を主訴として矯正治療を希望することが多く、それはそれで当然と言えば当然のことなのですが・・・ 具体的には、①上顎前突(いわゆる出っ歯。)/   ②下顎前突(受け口。)/   ③両顎前突(上下両方が前に出ている様子。)/ ...

   前回に引き続きブラッシングについてお話ししようと思います。   何故ブラッシングをしなければならないのか?と、直接聞いてくる患者さんはいませんが、何故だろうと心の中で思っている方はいると思います。   虫歯や歯周病の原因は、磨き残したプラークに起因する ...

   今回は、ブラッシングについてお話ししようと思います。   ブラッシング指導時に1日1回、時間をかけてしっかり汚れを落とす必要があると、説明する事があります。このことを患者さんの中には、ブラッシングは1日1回でいいんだと解釈されている場合がありますが、それ ...

 【歯性病巣感染】という言葉があります。歯の疾患に関わる病原菌が血行性に体を巡り、歯から離れた体の部分に疾患をもたらすというわけです。 以上の切り抜きは、過去に新聞や雑誌等に掲載された歯科関係記事を私がスクラップ ブックに収集したものの一部です。 歯科なの ...

 こんにちは、受付の田村です。今年もツバメが子育てにやってきました。 住居は以前作ったものを再利用したようです。エコですね。 都心のツバメは年々減少傾向にあるようです。原因として、人が巣作りをさせないように邪魔をしてしまうのが挙げられています。ツバメはカ ...

   今回は、親知らずがもたらす為害性についてお話ししようと思います。   よくある症例だと、親知らずが虫歯になることにより、その手前の歯も巻き添えになってしまう事が多々あります。さらには、親知らず周辺の歯周病が進み、手前の歯も歯周病になってしまうこともあ ...

   当院でインプラント治療をする際には、他の治療の合間に行うようなことは避けています。私共ではこれを当然の治療姿勢と考えています。 その理由として、インプラント治療を成功させるためには、❶感染を防ぐ。/ ❷ドリリング時の火傷を防ぐ。/ ❸術者および介補 ...

   今回は、咬合平面の低下についてお話ししようと思います。   咬合平面の低下は、ブラキシズム(歯ぎしり等) で歯が咬耗してしまったり、噛む面に入っている詰め物や、使用している被せ物、義歯の人工歯がすり減ってしまったりすることにより起こります。   咬合平 ...

   今回は、すれ違い咬合のcaseをお話ししようと思います。   すれ違い咬合とは、例えば上顎の右側が欠損していて、下顎の左側が無いような、噛み合わせがすれ違いになっているような状態です。   この患者さんは被せ物が取れてしまったと来院されましたが、口腔内を観 ...

↑このページのトップヘ