今回は、親知らずがもたらす為害性についてお話ししようと思います。   よくある症例だと、親知らずが虫歯になることにより、その手前の歯も巻き添えになってしまう事が多々あります。さらには、親知らず周辺の歯周病が進み、手前の歯も歯周病になってしまうこともあ ...

   当院でインプラント治療をする際には、他の治療の合間に行うようなことは避けています。私共ではこれを当然の治療姿勢と考えています。 その理由として、インプラント治療を成功させるためには、❶感染を防ぐ。/ ❷ドリリング時の火傷を防ぐ。/ ❸術者および介補 ...

   今回は、咬合平面の低下についてお話ししようと思います。   咬合平面の低下は、ブラキシズム(歯ぎしり等) で歯が咬耗してしまったり、噛む面に入っている詰め物や、使用している被せ物、義歯の人工歯がすり減ってしまったりすることにより起こります。   咬合平 ...

   今回は、すれ違い咬合のcaseをお話ししようと思います。   すれ違い咬合とは、例えば上顎の右側が欠損していて、下顎の左側が無いような、噛み合わせがすれ違いになっているような状態です。   この患者さんは被せ物が取れてしまったと来院されましたが、口腔内を観 ...

 口腔内の噛み合わせの状態を注意深く観察してみると、不思議な現象に遭遇することがあります。   それがどのような事かというと、顎(下顎骨)をさまざまな方向に動かしても、噛み合わないはずの領域(歯の表面)に咬耗(噛み合わせによる歯の磨耗)が確認されることです ...

   今回は、修復物の脱離とその原因の続きで、別のcaseをお話ししようと思います。   Case2   奥歯の調子が悪い(痛い)   奥歯の調子が悪いと来院された患者さんですが、口腔内の肉眼所見では目立った虫歯、歯周病も無いのです。よくよく口腔内を観察してみると、前 ...

   今回は前回の続きで、噛み合わせの問題とブラキシズムによる修復物の脱離についてお話ししようと思います。   先ずは噛み合わせの問題ですが、いくつか実際の患者さんで例を挙げてみます。   Case1   前歯が取れた(欠けた)   前歯が取れたので着けて欲しいと来 ...

   今回は修復物の脱離についてお話ししようと思います。   歯の詰め物や被せ物が取れてしまった、という経験をされた方は少なくないと思いますが、なぜ取れてしまったかを考えた方は少ないかと思います。修復物が取れてしまうには、それなりの原因があるはずです。それ ...

   検診時における、重要なチェック ポイントの1つに【噛み合わせ】があります。   例えば、❶詰め物が取れたままになっているような場合/   ❷歯がぐらついてきたような場合/   ❸臼歯の欠損を治療せずに放置したような場合/   ❹歯の磨耗が顕著な場合/   ❺食 ...

   今回は自費治療における、保証についてお話ししようと思います。   自費治療における保証には、必ず検診を受けて頂く必要があります。その理由は、お口の中の環境は日々変わり続けているからです。   例えば、歯ぎしりや・噛み癖などによる咬耗で歯がすり減ってくれ ...

↑このページのトップヘ