人工的である修復物が所詮天然歯にはかなわない、というお話しは既にしました。 たしかに適合性に関して言えば、それを全く考えなくていい天然歯と、考えなければならない修復物では、比較以前の問題で太刀打ちのしようがありません。 かなわぬまでも引き続き、適合性を追求し続ける姿勢はあってしかるべきでしょう。

 そもそも修復物など入れずに済めば、それに越したことはなく、一生健康な天然歯を使い続けることが、究極の理想像であることを、否定する人は誰もいないはずです。 ところがそうはいかない現実があります。

 そのどうしても修復しなければならない状況で、患者さんにとっても、また私たちにとっても、非常に都合の良い治療手法が、プロビジョナル レストレイション*の活用です。 

 まず患者さんにとっては、いろいろなことを体験し確認することができ、こんな筈ではなかった等、我々との認識の違いによるトラブル(いざこざ。双方の意思の違いによる問題。)を未然に防ぐことができます。

 また我々にとっては、より完成度の高い修復物作成の為の、有益な情報を供給してくれることで、さまざまな事項の確認が可能になります。 歯牙形成の是非/ 咬合の適否/ 清掃性/ 機能時の歯の反応/ 歯周組織の反応/ 仮着材から判断するプロビジョナル レストレイションの安定/ 連結の是非/ 歯の動揺性の変化/ 発音/ 摂食等…挙げればきりがありません。

 そのひとつが、いかに汚れが停滞しにくいかの、自浄性と刷掃性を兼ね備えた、修復物形態の追求です。適合性では天然歯にかなわぬ修復物であっても、形態の点ではもしかして、天然歯より汚れが停滞しにくい理想の形態が得られるかもしれないとしたら、いかがでしょうか?

 私どもはそれを追求すべきだと思っています。 そしてそれを実現する為には、単なる仮歯(テンポラリー)ではない、プロビジョナル レストレイションを最大限に活用することが不可欠なのです。(大)

 *プロビジョナル レストレイション(Provisional restoration):直訳では、暫定的な修復物。単なる仮歯ではなく、治療を成功に導く為に、あらゆる必要な情報を収集し、活かして、最終的には材質以外、最終修復物と同等の形態、機能を有するように仕上げていく、レジン(合成樹脂)性修復物。