今回は親知らずの抜歯についてお話ししようと思います。

 親知らずの抜歯を勧めると、大体の患者さんが口を揃えたように『痛くないですか?』 とか『腫れたりしないですか?』とおっしゃいます。皆さん周りの人からかなり脅かされているようです。

 まずは痛みについてですが、 術中の痛みに関しては麻酔でコントロールしていきます。しっかりと麻酔を効かせて進めますので痛みはほぼありませんが、もし痛みを感じるようであれば麻酔を追加します。抜歯自体も、なるべく短い時間で行うことで痛くならないようにします。術後の痛みは、基本的には薬を飲んでいただくので殆どありません。但し術前の状態が酷く悪いと、抜歯後に痛みが出ることがあります。痛まないためにも、早期発見、早期治療をお勧めします。

 腫れについて最小限にする為には、抜歯後の傷は基本的に開放創で治します。そして、抜歯の際の骨の露出時間を出来るだけ短くします。後は術後の感染予防に、薬を飲んでいただきます。

 絶対痛くないとか絶対腫れないと、言い切ることは出来ませんが、痛くないように、腫れないように、最大限の努力をしています。しかし、それでも人間の身体なので何が起こるかはわかりません。頑なに抜歯を拒否する患者さんもいますが、親知らずがあることで起こるデメリットもきちんときいた上で、決めて頂きたいと思います。(tutumisikam)