今回は、『親知らずのその後』というテーマでお話ししようと思います。

 さて、親知らずを抜歯したあとその傷は、どのような治癒過程を辿るのでしょうか?個人差はありますが、表面上の歯肉は、約2週間で新しい歯肉が出来てきます。その後約3ヶ月くらいで、骨が抜歯後の穴を塞ぐように治ってきます。完全に元通りになるには、約1年の時間を要します。 

 抜歯後の傷の治りは、術前の状態と術中の適切な処置によって左右されます。 当然術前の状態が悪ければ、術後の予後に影響が出るのはご想像出来るかと思います。例えば、膿が溜まって、抜歯する歯の周りの骨が吸収してしまっていると、そこの骨が治るには余計に時間がかかります。そして術中の処置とは、抜歯窩の掻爬(化膿してできた不良肉芽の除去)歯牙・歯根の破片の除去や隣接歯の歯石除去等です。これをやるのとやらないのとでは、傷の治りが全然違ってきます。感染物質が除去されていれば、抜歯した傷口は、新鮮な血液で満たされ、新たな骨が出来てきます。

 抜歯後の理想的な傷の治りは、あたかも以前そこに何も無かったかのように、骨がきちんと治っていることです。 そしてその確認は、レントゲン写真でします。必要であれば1ヶ月おきに3ヶ月間、経過観察をします。後は、半年おきに撮る検診時のレントゲン写真です。

 抜歯後からきちんと骨が治るところまでを確認することが、 我々かかりつけ医の役割だと思っています。親知らずは、然るべきタイミングで抜歯をし、きちんと抜歯後の処置を行えば、その後は生涯問題が起こることはありません。そのタイミングを逃さないよう、きちんと任せられる歯科医院で検診を受けましょう。(tutumisikam)