今回は、初期治療についてお話ししたいと思います。初診時にある程度の診査診断を行い、応急処置をしたら治療に入っていく訳ですが、その段階で初期治療を進めていきます。

   具体的には、保存不可能な歯の抜歯や、虫歯の治療、歯周病の治療を行います。来院される患者さんの口腔内を拝見すると、歯周病の処置が殆どされていない状態で、被せ物が入っているのを目にします。

   これは、基礎の工事をしないで建物を建てるようなものです。一見すれば、痛みも無くなり、治療中の歯に被せ物が入り治ったように感じますが、時間が経った時にボロが出る事があるのです。最近では、マンションの杭打ちの問題が取り上げられていましたが、まさにそのような状態なのです。

   治療を受ける・受けないかは、患者さんが決める事ですが、痛い・痛くないに関わらず 、基礎の部分となる初期治療をしっかりと受けられる事をお勧めします。(tutumisikam)

   ※今回お話している初期治療とは、一般的な治療の初期の段階で行うという意味合いです。通常、歯科界における初期治療とは、全体治療の際に行う歯周病治療(外科処置前) を指します。