今回は、抜歯時におけるテクニックについてお話ししようと思います。

   抜歯時における外科的侵襲を極力少なくする事が、術後の痛みや腫れを少なくする事につながります。その為に、事前の準備、シュミレーションを行なって処置に臨みます。

   処置が始まってみると、全てが予想通り進むとも限りません。予想通り進んでいけば、大きな問題もなく、外科的な侵襲も少なくて済むでしょう。

   しかし、予定通りに進まなかった時にどうするか?たまたま僕が使わせて貰っているユニットは、外科のユニットに近く、院長が外科処置をしている時の様子がよく見えます。

   そして気づく事が、道具の選択、頭の切り替えが異常に早く、的確でした。なるほどと思いながら、横で診療しております。日々勉強だなと感じる今日この頃です。(tutumisikam)