患者さんは多くの場合、お痛み、腫れ、脱離等の症状をかかえて来院されます。当然のことながら、まず緊急処置として差し迫った問題の解決をはかるべく、応急処置をおこないます。

 しかしながらほとんどの場合、そこに至るには原因があります。そのことを説明させていただき、原因を取り除いて再発を防ぎ長期的な歯の健康を獲得される道があることをお知らせします。

 このことは、やるやらないは患者さんが決めることですが、歯の専門家として、予測される病気の進行を見て見ぬふりをせず、お知らせするのが責務だと考えているからなのです。(大)