歯周病であることをある程度認識されている、初診でいらした患者さん。診査後、状況を説明してブラッシングのお話しに入ると…

 『ブラシは何がいいんですか?』『磨き方を教えてください!』という矢継ぎ早の質問……

 こういう場合、申しわけないんですがそれに対するお答えは少し後にさせていただいています。なぜならそのお答えをしても、患者さんは磨くようにならないし、磨けるようにもならないからです。

 最初にすべきことは、なぜブラッシングが欠かせないのか、ということを理解していただくことです。そこを理解していただくと、ブラシや磨き方がどうであれ汚れを落とすことに真剣に取り組んでいただけます。

 そこから出てきた悩みをうかがいながら、ブラシの選び方、持ち方、当て方および動かし方、適正な圧のかけ方などをお教えする場面になってくるのです。

 よくある事例ですが、お母さんに歯周病向けのブラッシング指導をさせていただくと、それがどなたにも適応する方法と思われて、お子さんに教えて歯肉が傷だらけなんていうこともあります。

 ブラッシングには人それぞれに合った方法がありますので、誤解のないようにお気をつけください。

 最後になりましたが、ブラッシングが必要な理由は、歯周病が始まるきっかけである歯垢がわずかでも為害性を発揮しないうちに、取り除く為のもっとも合理的かつ有効な手段がご自分で行うブラッシングだからです。(大)