カテゴリ:修復治療

 プランジャー カスプ(plunger cusp)とは、『突出した咬頭』のことで、臼歯の領域で一部の咬頭(臼歯の噛む面の山の部分)が対合歯(咬み合う相手)の方に飛び出している状態を意味します。 欠損を長く放置したり、歯の位置異常が原因で起きることが多いようです。 一方 ...

 何のためにクラウンを入れるのかを、考えてみたいと思います。 つまり、なにゆえクラウンでなくてはならなくて、他の修復物ではいけないのかをです。  健康な歯を観察すると、歯肉より上の表層にはエナメル質という、人体のあらゆる組織の中で、もっとも硬い石灰化した ...

 どうしてクラウンを入れる必要があるのか、考えてみたいと思います。 一つにはかなり稀ですが、神経(歯髄)が健康で生活しているのにも拘らず、歯冠部歯質を殆ど虫歯に侵された場合で、クラウン処置が必要になります。 二つ目はこれがほとんどですが、虫歯などで神経が ...

 オンレーは、一般的にはさまざまな意味*に使われますが、歯科領域では主として歯の咬合面にはめ込む金属鋳造物をさします。 日常臨床において虫歯治療の際、好発部位である歯冠部の裂溝や隣接面の、歯質が失われる場面に遭遇することは、決して稀なことではありません。 ...

 インレー(inlay)は、直訳では”中に横たえる”になりますが、元々の意味は別にあり*、歯科では主に合金の詰め物をさします。 日本における歯科臨床では、あまりにもインレーが多用されている気がします。穴埋め的に安易に、歯の部分的な欠損が修復されている例を、あま ...

 複合レジン充填は、おもに前歯の小範囲のカリエス(虫歯。齲蝕。)に対して行われる修復治療です。残存する健康な歯質の量を、ある程度確保でき、咬合に大きく関与しなければ、歯を削る量も最小限度で済み、そこそこの審美性が得られる治療法です。 ただし、レジンは所詮 ...

 人工的である修復物が所詮天然歯にはかなわない、というお話しは既にしました。 たしかに適合性に関して言えば、それを全く考えなくていい天然歯と、考えなければならない修復物では、比較以前の問題で太刀打ちのしようがありません。 かなわぬまでも引き続き、適合性を ...

 天然歯にかなうものはない! これを否定するつもりはありません。 ヒトに限らず生物が必要なものを進化させ、不要なものを退化させつつ幾星霜・・・、天然の造詣物である歯には敬意を表し、われわれ歯科医療に携わるものは、謙虚に対処すべきであると思います。 ある先 ...

↑このページのトップヘ